グループワーク予告

0
     こんにちは!カルタイスタッフ&パーティ担当の福山鮎実です。
    ブログ初投稿です^^

    カルタイ本番まであと2週間を切りました!わくわくドキドキ・・・!!

    留学していたメンバーも帰ってきて、さっそく力になってくれています◎

    さて、盛り上がってきたところで、このブログを見てくださっているみなさんにも当日より楽しんでもらうために・・・
    今日は私が発表するグループワークのパネル内容について
    ちょっとだけ予告します。


    「街のイメージをめくる―神戸電鉄と朝鮮人労働者―」

    湊川公園から会下山公園に向かう途中に、神戸電鉄敷設工事朝鮮人労働者の像がある。
    この像は東は有馬・三田、そして西は三木をつなぐ、神戸電鉄の工事を朝鮮人が担っていたことを私たちに想起させる。当時、職のない朝鮮人たちは、資産家にとって格好の安価な労働力であり、1500人もの朝鮮人が、この工事を担った。しかし、急なこう配の山道を、ツルハシやダイナマイトで掘り進めたこの工事は過酷なもので、事故による死亡者もいた。
    しかし、このような事実は語られることもなく、神戸電鉄の社史にも書かれていない。

    このような知られていない歴史や記憶の重なったレールの上を今日も「有馬温泉に続く便利な電車」は走る。そのスピードに乗って、周りの景色はどんどん流される。そして「便利な電車」に乗る私たちは労働者の像を車内から見ることはできない。
    しかし、電車を降りて歩けば、街の発展史からこぼれたものを見ることもできる。
    このことは、ベンヤミンの「歴史の概念」のイメージに重ねられるのではないだろうか。

    本発表では、神戸電鉄と朝鮮人労働者をきっかけに、歴史からこぼれるものや埋もれてしまうものを拾うことについて考える場を作りたいと思う。


    こんな感じで今頑張ってまーす!

    本番では、こちらが結論を出すというより、いろんな方と「トーク」ができたらいいなぁと思います。


    みなさまとトークできるのを楽しみにしています^^


    パーティ担当の福山でした☆
     

    コメント
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA009150/kobe/dkourai1.htm
    丸山駅の近くに痕跡があるそうですね。
    • 尚永
    • 2011/07/15 11:26 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 共在の場を考える研究会の稲津さんからPR記事をいただきました!
      Inazu
    • 共在の場を考える研究会の稲津さんからPR記事をいただきました!
      BFJ
    • グループワーク予告
      尚永

    links

    profile

    書いた記事数:73 最後に更新した日:2011/08/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM